個人向けカーリースを通勤目的で使う自分には損かも

企業ではカーリースしている所も昔から多かったと思われますが、ここ10年くらいで個人向けのカーリースプランもかなり増えて充実してきましたので個人でやっている人も結構増えたような気がします。
急な故障等で修理費を払わないといけないローンと比べてリースだと毎月の支払金額がほぼ変わらないという最大のメリットがあるんですが、いつまでたってもお金払わないといけないデメリットは多少あります。
人によっては貯金がしにくいかもしれません。
私はカーリースとローンを比べた時にそう思いました。ローンは払い終わってしまえば自分の物になりますので売れたりしますが、リースはプラン次第ではそうはいかないのもありますし。
リースは距離設定等もある場合があるので郊外に住んでいて通勤で使うような人の場合まだまだローン等購入する方向のがいいと思います。
逆に滅多に乗らない人であればその場その場でレンタカーを利用した方が総合的に安くなる可能性もありますから。
個人的には国産車で新車購入の場合滅多な事では壊れませんし、壊れても補償範囲内である事が多いのでリースは損するイメージがありますね。
今後景気が良くなったとしても個人向けカーリースのシステムが無くなる事は無いと思いますので、もっとデメリットが抑えられる方向に進めばいいですね。