おすすめのマイカーリース会社はどこ?

はじめまして!

 

子供が生まれて新車を購入しようと調べてみると保険や税金の手続き、車検代もかかるしかなりめんどくさい。

 

今回、新車を購入しようかなと調べていた時に便利なカーリースの存在を知り、自分でローンを組んだりしなくていい、保険や税金の支払い手続きもなし、車検は月々の使用料に含まれていると知って一気にカーリースに興味が湧きました!

 

そこで自分が便利だなと思ったサービスや安くてお得なカーリースのメーカーをおすすめ順にまとめてみたので参考にしてみてくださいね。

 

カーリースを利用する法人や会社が増えているようなので個人で利用する場合、法人で利用する場合でおすすめのカーリースのメーカーも紹介しますね。

 

 

マイカーリースおすすめ会社ランキング

 

カーコンビニ倶楽部

 

CMでも話題のカーコンビニ倶楽部のカーリースのモロコミはリース契約満了時に車がもらえるとして人気のカーリースです。

 

残価設定なしなので契約満了時に余計なお金がかからないのが魅力です。

 

人気のワゴンタイプの車両なら月々8000円からリースすることができます。

 

リースできる車両も個人向け、法人向け、福祉車両もリースできるので幅広い層に利用者が多いのが特徴のリース会社です。

 

モロコミの料金

 

審査

あり

 

料金

月額8千円〜

 

頭金

なし

 

ボーナス払い

なし

 

モロコミの月額込サービス

車両本体
車両登録時手数料
自動車取得税
自動車税
自動車重量税
自賠責保険料
車検基本料
印紙代

 

モロコミの車種

トヨタ:17車種/ニッサン:9車種/ホンダ:11車種/マツダ:4車種/スバル:3車種/スズキ:13車種/ダイハツ:7車種/三菱:2車種

 

カーコンビニ?楽部のモロコミ

 

もろコミ

 

マイカー賃貸カルモ

 

マイカー賃貸カルモは頭金不要な新車リースとしてとてもお得なカーリースサービスです。

 

個人向けのサービスで1万円台から国産のメーカー保証付きのディーラーの新車をマイカーとして借りることができます。

 

カルモは頭金不用で車検のときにかかる自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険も月額料金に含まれています。

 

申し込みから審査、手続きまでをすべてインターネットで済ませられるのが人気でお店に1度も行くことなく近くのディーラーが新車を納車してくれます。

 

メンテナンスプランもあり、車のメンテナンスも定額でメンテナンスできるので長く乗りたい人には安心です。

 

マイカー賃貸カルモの料金

 

審査

あり

 

料金

月額1万円〜

 

頭金

なし

 

ボーナス払い

なし

 

マイカー賃貸カルモの月額込サービス

車両本体価格
自賠責保険料(期間分)
自動車取得税
自動車税(期間分)
重量税(期間分)
印紙税
仲介手数料
お客様サポート料
新車登録時手数料
ディーラー点検代

 

マイカー賃貸カルモの車種

 

トヨタ:17車種/ニッサン:9車種/ホンダ:11車種/マツダ:4車種/スバル:3車種/スズキ:13車種/ダイハツ:7車種/三菱:2車種

 

マイカー賃貸カルモ

 

スマートビークル

 

スマートビーグルはCMでも宣伝しているので知っている人が多いカーリースサービスかもしれません。

 

コスモ石油のスタンドで申し込めるとあって女性や高齢者のシニアの方に人気があるカーリースです。

 

申し込みはスタンドだけではなく楽天やAmazon、Yahooショッピングでも申し込みが可能です。

 

中古車リースもありますが、人気なのは新車リースで早い車種なら最短2週間で納車できるのも人気ポイントです。

 

リース期間は3年、5年、7年から選ぶことができ、頭金やボーナス払いも選ぶことができて支払いやすいように選ぶことができます。

 

スマートビークルの料金

 

審査

あり

料金

 

頭金

自由に選択
なし
100,000円
300,000円
500,000円

 

ボーナス払い

自由に選択
なし
30,000円
50,000円

 

スマートビークルの月額込サービス

 

ゴールドパック

 

車両代金
税金・諸費用(自動車税など)
車検整備
定期点検
オイル交換
重量税(車検時)
自賠責保険(車検時)
タイヤ交換
バッテリー交換
消耗品交換(ワイパー、ブレーキパットなど)
管理車両の延長保証
ロードサービス

 

シルバーパック

 

車両代金
税金・諸費用(自動車税など)
車検整備
定期点検
オイル交換
重量税(車検時)
自賠責保険(車検時)

 

ホワイトパック

車両代金
税金・諸費用(自動車税など)

 

スマートビークルの車種

 

スマートビークル

 

フリースカー

 

フリースカーの特徴はメンテナンス料金も月額料金に含まれているのが特徴です。

 

ほかのカーリースは月々のカーリース代にメンテナンス料を追加するのでメンテナンスが余計にかかってしまいますが、メンテナンス代が入って1万円台でリースできるのも魅力ですね。

 

フリースカーはカーリースの審査に通るか不安という人にもおすすめですよ。

 

フリースカーの審査は8社も行ってくれますからカーリースの審査が不安という人におすすめです。

 

国産のスポーツカーも取り扱っていてトヨタの86や日産のGT-Rも月額料金のみでリースできます。

 

フリースカーの料金

 

審査

あり

 

料金

1万円台〜

 

頭金

なし

 

ボーナス払い

なし

 

 

フリースカーの月額込サービス

車両価格
車検
法定12ヶ月点検
オイル交換
タイヤ交換
バッテリー交換
各種消耗品交換
自動車税
取得税
重量税
自賠責保険

 

フリースカーの車種

トヨタ40種/ニッサン21種/三菱12種/マツダ 15種/ホンダ19種/スズキ19種/ダイハツ13種/スバル17種

 

フリースカー

中古のカーリースは本当におすすめなの?

 

中古車のカーリースを探している人はけっこい多いですよね。

 

中古車のカーリースはコスパが悪くて、ずっと探している車種が中古車で出ていたという人以外にはあまりおすすめしません。

 

カーコンカーリースならHONDAのN-BOXの新車が8000円台からカーリース出来てしまうからなんです。

 

とにかく安さでカーリースを選んでいる人は中古のカーリースを選ぶ前に軽自動車の新車の10000円台のプランを探してみると車種も色々と選べるようになっています。
なんで中古のカーリースをおすすめしないのかというと、中古だからと言ってカーリースの月額料金が格段に安くなるというわけではないからなんです。

 

ほかに中古のカーリースをおすすめしない理由は

 

最大で8年落ちの車でカーリースの契約が終わるころには14年落ちになっている

 

カーリースの売りであるメンテナンスが付いていいないため整備費は自己負担となります。

 

中古車のカーリースで一番のデメリットが契約期間中に車が故障した場合残りのリース料を一括で支払うことになります。

 

残りの契約期間次第で、中古車をカーリースしてから数年で故障や動かなくなってしまった場合、違約金が50万以上になる場合があります。

 

月々の安さを理由に中古車カーリースを選ぶのはメリットがないのでおすすめはしませんね。

 

営業車に使える法人・会社でおすすめなカーリース

 

車を会社や法人で所有するよりもカーリースがすべて経費にできるためおすすめです。

 

会社で使用する商用車のリース料はすべて経費として処理すつことができます

 

リース期間の自動車税重量税など商用車にかかわる税金と法定点検や車検などの整備費用オイル交換などの消耗品費用もすべて経費になるため節税対策にもなります。

 

カーリースで経費処理ができる

 

カーリースは契約期間中の費用が毎月決まった額なので社用車、商用車にかかる費用の管理や出費が把握しやすくなります。

 

車検代や点検代も毎月のリース料に含まれているため予算計画の取り込みにも楽です。

 

メンテナンスも毎月のリース料に含まれているカーリースに契約するか、オプションでメンテナンスもリース料に追加できるプランに加入すると法人や会社で車をいくつか所有するよりも手間がかかりませんから、営業で多くの車両を所有する会社は定期的なメンテナンスや車検などの費用と手間が一気に省けることができます。

 

 

法人カーリースは契約期間が3年から5年と決まっているためリースの契約期間が終了すれば、新しい新車に再契約するだけで乗り換えができます。
だと管理担当の仕事や負担がないと人気です。

 

法人として会社で社用車を所有してしまうと固定資産の扱いになる車は売るときには面倒な手続きがあります。

 

車両運搬具売却損益を計上しなければなりません。売却価格にも影響してくれうため車を管理する社員の仕事の負担に
なってしまいます。

 

法人のカーリースならこの手間がまったくありません。

 

リースナブル

 

リースナブルでは商用車、商用バンのリースがあります。配達で人気の商用バンやハイエースなども取り揃えていますし、

 

外車もカーリースできるのでベンツやBMWもリースすることができます。

 

メーカー保証も国産車5年、輸入車は3年保証されています。

 

リースナブルだけの特典でりーす期間にいつでも解約することができます。

 

ほかの車に乗り換えたい、途中で買取したいという場合も自由なタイミングで解約できます。

 

カーリースの契約の流れ

 

車選び

 

カーリース会社やディーラーからリースした車の車種やグレードを選びます

 

 

契約期間とプランを決定

 

車種を選んだリース会社で契約期間や詳しいリースプラン(車検込みやメンテナンス込みなど)を検討します。

 

審査

 

契約期間とリースプランが決定したらリースリース会社の審査へ申し込みをします。
審査が通る審査の基準は安定した収入があること。

 

契約

 

審査が通ると契約書類がリース会社から送られてきます。
サインをして送り返したら契約完了です。

 

車庫証明

 

車庫証明に用意する必要書類を揃えておきましょう。
住民票などを揃えたら車両登録を行います。

 

納車

 

車両を登録したリース会社と契約した1ヶ月〜2ヶ月後に納車するのが一般的ですが、2週間後と短期間で納車できるリース会社もあります。
カーリースの納車は近くのディーラーが新車を自宅まで納車してくれます。

 

カーリースのナンバーはレンタカーと一緒なの?

 

カーリースを借りると意外にきになるのがナンバーですよね。

 

レンタカーのナンバーはレンタカーと同じで「わ」「れ」になるのか疑問に思う人が多いと思います。

 

カーリースで外車に乗っているのにナンバーがレンタカーと同じじゃかっこ悪い、カーリースで車を乗っていることを隠したいという人にも安心です。

 

カーリースのナンバーは個人所有のナンバーと同じです。

 

希望のナンバーにすることもできるんですよ。

 

ナンバーにこだわりがある人はリース会社に希望のナンバー伝えれば追加料金がかかってしまいますが、取得することができます。

 

また、途中でナンバーを変えたいというときはリース会社の承諾・委任状が必要になりますので注意してください。

 

カーリースは学生でも契約できる?

 

カーリースは学生でも契約することが可能なのか調べてみました。

 

契約するリース会社によって契約ができる年齢が違います。

 

学生も契約なところもありますし、学生は契約不可というところもあります。

 

学生でもカーリースできるリース会社もありますが、契約時に連帯保証人も必要になってきます。

 

学生で連帯保証には両親のどちらかになってもらうパターンが多いようです。

 

稀い学生でも連帯保証人なしで契約できるリース会社があるのですが、契約の条件が悪く借りる側にとっては相当不利な条件なところが多いので学生で連帯保証人なしのカーリースはおすすめしません。

 

カーリースを利用中に事故を起こしたら?

 

カーリースを利用中に事故を起こしたら違約金を払わないといけないの?

 

なんて不安に思いますよね。

 

カーリースでも事故について調べてみましたが、リース会社によって自動車保険に加入を契約の条件にしていたり、月額にリース代に含まれているところもありました。

 

自動車事故の場合は自動車保険に入っていれば保険が適用されるので違約金を払うこともないのでお金の心配はそこまでしなくても大丈夫です。

 

事故を起こしてしまうとリースしている車両に査定額が下がってしまい契約満了時に予想していた査定額より値が下がってしまうためその差額を自腹で払う可能性があります。

 

車両の修理ができないほどの大きな事故の場合は解約になる可能性があり,この場合は途中解約になるため解約金やリース期間内にかかる費用負担もあります。

 

大きな事故の場合にかかる費用をリース会社に確認しておくのも大切です。